読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっきぃのメモ帳

趣味で作るプラモデル製作の過程と作品、日々の資格取得へ向けての活動、Apple中心のIT関連ネタを書いています。

[]第24回 画像の拡大・縮小

第24回では、画像の大きさを変えてみます。

まずは普通の画像を表示する方法を復習です。

 Image img; // インスタンス変数として宣言しておいてから
// コンストラクタ中等で
  try {
        MediaImage img = MediaManager.getImage("resource:///cur.gif");
        img.use();
        pic = img.getImage();
   }catch(Exception e) { }

これで画像の使用準備OKです。

元画像と同じ大きさで、表示するならば

  g.drawImage(pic,50,20);

で表示可能です。画面中50,20の場所に表示できます。

大きさを変えて表示する命令は drawScaledImage を使います。

  g.drawScaledImage(pic, 80,20, 30,30, 0,0,15,15);
  g.drawScaledImage(pic, 130,20, 60,60, 0,0,15,15);

これで、2倍、4倍の画像の大きさになります。

赤字の数値は表示位置。

青字の数値は表示する縦横のサイズ。

紫字の数値は、元画像の転送元です。ここは後日また利用法を紹介します。

こんな感じに表示されます。

42b58d06.gif