読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっきぃのメモ帳

趣味で作るプラモデル製作の過程と作品、日々の資格取得へ向けての活動、Apple中心のIT関連ネタを書いています。

MacBookAir(初代)の熱暴走阻止(続報)

CoolBookをインストールしてから、いろいろ作業をしながら、丸二日ぐらい起動しっぱなしで様子をみてました。


何度か作業中にカーネルパニックを起こしてましたが、その都度電圧を再調整を繰り返していました。
Informationの周波数のUpdateを最大に設定して、コントローラの画面を常に表におくようにしてカーネルパニックが起きている周波数を特定してきます。外部ディスプレイを接続してないと画面サイズ的につらいですが。
実際には画面に更新される前に周波数が変化しているときにカーネルパニックなのかもしれないのですが、その前後の周波数が問題である確率が高そうなのでその近辺の周波数で電圧を上げていきます。

最終的に落ち着いた設定は以下の感じ。

1800MHzの時は少し高めの電圧でないと不安定でした。
1200MHz〜1600MHzの時は、0.9Vでは不安定。
温度の上限を80℃にしてますが、普段はそこまで温度があがらないですね。

これでしばらく様子見です。
今の所快適に動作しています。もうしばらくこのマシンで生き延びられそうです。

そして今気づいたのですが、起動時にカーネルパニックでどうにもならない時も、バッテリーの設定で起動できたのではないかと。
だからといって、これから試す気にはならないですが。