読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっきぃのメモ帳

趣味で作るプラモデル製作の過程と作品、日々の資格取得へ向けての活動、Apple中心のIT関連ネタを書いています。

フリック入力練習アプリの作成2

オープンキャンパス向けのとりあえずバージョンは完成

こんな機能を搭載しています。

  • 出題は北海道弁(約200語)
  • クリック音は銃声
  • BGMは田舎風
  • 決定後削除した文字はミスヒット
  • 出題単語数が固定で、入力スピードからスコアに換算。


作成のポイント

  • TextField の Editing Changed のイベントが1文字入力毎に発生するので、サウンド再生と文字列判定を行う。
  • TextFieldのクリアは [_textField resignFirstResponder] と[_textField becomeFirstResponder] を連続で呼び出せば OK。
  • しかし、そこでも Editing Changed のイベントが発生(既に文字列は完結しているので不要なイベント)するのでフラグ制御で回避
  • サウンド関係は mp3 ではなく caf に変換したものを使わないと、いろいろおかしい。(スリープ後に再生できなくなったり)


タイトル画面は未作成ですが、このアプリの名前は「なまらおもしいタイピング」と言います。
原案は以前にiアプリのクリエイターズカップで応募した作品。(自分のではないですが)


結構時間使ったので、もう少し完成度を上げてAppStoreで販売したいですね(原案者がよければ)。
ここまでは University Program で動作環境を整えているので、実機動作までしかできません。
販売するなら有料のDevelopper Program に参加しなければならないのがちょっと考えてしまう所。
要望があれば作成を急ぎますけどね。