読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっきぃのメモ帳

趣味で作るプラモデル製作の過程と作品、日々の資格取得へ向けての活動、Apple中心のIT関連ネタを書いています。

システムアーキテクトを目指す 〜その2〜

情報処理教科書 システムアーキテクト 2014年版 (EXAMPRESS)

情報処理教科書 システムアーキテクト 2014年版 (EXAMPRESS)

この本にこんなニュアンスの事が書いてあった。

2013年のデータで

  • 午前IIの通過者(午前I免除も含めて)は74.5%
  • 午後Iの通過者が56.3%
  • 午後IIの通過者が40.1%で合格

(全体の合格率は14%ぐらい。)


見かけの通過率が高いけど、通過できずに採点されていない人がいるから真の通過率はもっと低いはずだという主張。
だからちゃんと勉強せよということですね。


もちろんちゃんと勉強しなければ合格できない資格ですし、確かにそういう見方もあります。
でも

  • 午前II通過できる実力があれば、午後Iは56.3%通過できる。
  • 午後I通過できる実力があれば、午後IIは40.1%通過できる。

って考えた方が気楽じゃないですかね。
私はいつも、そう考えるようにしてます。


気の持ち方の話でした。